Linux でAndroidアプリ開発環境を構築する方法

一般的にAndroidアプリを開発する環境は、Windowsが多いようですが、Android自体がLinux上で動作することを考えれば、Linuxの方がより良い環境と言えるでしょう。

そこで、LinuxここではUbuntu上でAndroidアプリ開発環境を構築する方法を紹介します。

まず、以下のようにJDKをインストールします。

< JDKインストール方法 >

端末から以下のコマンドを実行します。

Android Virtual Device Manager

 

sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java

sudo apt-get update

sudo apt-get install oracle-jdk7-installer

実行後

java -versionコマンドで

java version “1.7.0.21”

のように表示されれば成功です。

次にAndroid SDK を以下のようにインストールします。

< SDKインストール方法 >

http://developer.android.com/sdk/index.htmlにアクセスする。

DOWNLOAD FOR OTHER PLATFORMSを選び

ADT Bundle Platform Linux の Package adt-bundle-linux-x86-20130514.zipかadt-bundle-linux-x86_64-20130514.zipを クリックしてダウンロードする。

このダウンロードファイルを適当なところに展開する。

展開したディレクトリにeclipseディレクトリができているので、その中の実行ファイルをクリックしてeclipseを軌道します。

この時Workspaceのフォルダを要求してくるので、適当なフォルダを指定します。

eclipseが立ち上がったら、WindowメニューからAndroid SDK Managerを選らんで

SDKマネージャーを起動します。

SDKマネージャーのウィンドのチェック欄の使いたいAndroidバージョンをチェックしInstallボタンをクリックします。

するとライセンス・ウィンドが開くのでAccept Licenseを指定しInstallボタンをクリックするとSDKのインストールが始まります。

インストールが完了するとStatusがInstalledとなります。

次にエミュレータを作成します。

WindowメニューからAndroid Virtual Device Managerを選らんで

AVDマネージャーを軌道します。

Newボタンをクリックして必要な項目を設定し、OKボタンをクリックするとエミュレータが作成されます。

以上で、Androidアプリの開発環境が整いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: Android パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>