[Windows Phone]開発環境

はじめに

マイクロソフトが提供するスマートフォン向けOS、Windows Phoneのアプリの開発環境を構築します。

今回はVisual Studio 2010環境に対して、Windows Phone SDK 7.1の開発環境を構築します。

(※Visual Studio 2010環境はVisual Studio 2010 Service Pack 1が適用されている事を前提として進めております。)

環境構築

Windows Phone SDKのダウンロード

Windows Phone SDKのダウンロードページよりWindows Phone SDKをダウンロードします。

Windows Phone SDKのインストール

ダウンロードしたWindows Phone SDKをインストールします。

このWindows Phone SDKには以下のコンポーネントが含まれております。

  • Microsoft Visual Studio 2010 for Windows Phone
  • Windows Phone Emulator
  • Windows Phone SDK 7.1 Assemblies
  • Silverlight 4 SDK and DRT
  • Windows Phone SDK 7.1 Extensions for XNA Game Studio 4.0
  • Microsoft Expression Blend SDK for Windows Phone 7
  • Microsoft Expression Blend SDK for Windows Phone OS 7.1
  • WCF Data Services Client for Windows Phone
  • Microsoft Advertising SDK for Windows Phone

上記のインストールにより、Windows Phoneアプリケーションの開発環境は構築されます。

検証及びHallo warld

検証

上記のインストールにより、Windows Phoneアプリケーションの開発環境が構築された事を確認します。

  • windowsのスタートメニューのプログラムより、[Microsoft Visual Studio 2010]配下に、Visual Studio 2010とは別に、Visual Studio 2010 for Windows Phoneがありますので、こちらを起動します。
  • Visual Studio 2010 for Windows Phoneより[新しいプロジェクト]を選択します。
  • 新しいプロジェクトのページより、[Visual C#]-[Silverlight for Windows Phone]のテンプレートを選択し、[Windows Phone アプリケーション]を選択してプロジェクト名を入力します。
  • 新しいwindows Phone アプリケーションダイアログにて対象となるwindows Phone プラットフォームのバージョンを選択します。
    (今回はwindows Phone OS 7.1を対象とします)
  • 新しいプロジェクトが作成され、MainPage.xamlが表示されます。

Hallo warld

上記により空のWindows Phoneアプリケーションができましたので、これをビルド及びデバック実行を行います。

その際の手順は以下のようになります。

  • Visual Studio 2010 for Windows Phoneのメニューより[デバッグ]-[ソリューションのビルド]を選択し、ビルドを行います。
    (現時点では何も弄ってないためそのままビルドされますが、エラーが存在する場合ビルドされず、またそのエラーはメニューの[表示]-[その他のウィンドウ]-[エラー一覧]より表示されるエラー一覧ウィンドウに表示されます。)
  • ビルド成功後、ツールバーの[デバッグ開始]ボタンの隣にある[Windows Phoneプロジェクトターゲット]プルダウンリストより、[Windows Phone Emulator]または[Windows Phone Emulator(JA)]を選択し、
    メニューの[デバッグ]-[デバッグ開始]またはツールバーの[デバッグ開始]ボタンよりデバッグを実行します。
    (この時、開発環境にグラフィック処理装置等が存在していない、または構成していない場合はXNA Framework関係のグラフィックスは表示できませんとの警告が発生しますが、今回の場合は使用していないため、そのまま続行を行います)
  • アプリケーションがエミュレータ上で起動します。その際、横向きやズーム等はエミュレータの横にあるエミュレータのツールバーを利用します。
  • これにて、Windows Phoneアプリの開発環境が構築された事が確認されました。

    カテゴリー: C# パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>